営業におすすめPaul Smith(ポールスミス)の名刺入れ

社会人の基本、ビジネスマンの基本とも言える名刺入れ選び。

シンプルなのでメンズ、レディースともおすすめなのがPaul Smith(ポールスミス)オールドレザーの名刺入れです。

3年ほど使っていますがまだまだ現役です。

実際に使って見た感想、レビューを書きますので参考になればと思います。

Paul Smith(ポールスミス)を選んだ理由

ポールスミスと聞くとマルチストライプが印象強いですが、財布やカバンなどもシンプルな製品が多いです。

シンプル

営業職なのでシンプルな名刺入れで、飽きの来ないものを探しました。

価格が手頃

価格帯としても1万円〜2万円という予算設定だったので、名刺入れとしてはかなりの候補がありました。

そんな中でもスタンダードなポールスミスという選択肢にしました。

誰もが知るブランドで、男性女性問わずプレゼントにしても良いくらいの価格設定です。

Paul Smith(ポールスミス)の名刺入れ良い部分

  • 1.中仕切りやポケットがあって使いやすい
  • 2.シンプルで外から見てもブランドがわかりづらい
  • 3.傷つきにくい

1.中仕切りやポケットがあって使いやすい

Paul Smith(ポールスミス)オールドレザーの名刺入れは、見た目はシンプルですが、中仕切りやポケットがついていてとても使いやすいです。

ポケットの使い方

実はこの名刺入れ、ポケットが3つついているので、それぞれを用途によって使い分けています。

3年間やってベストだと思った使い方を紹介します。

開いた時外側のポケット

普段は何も入れていません。

お客様先に訪問する前に自分の名刺を一枚入れておくと、名刺交換のタイミングで自分の名刺をすぐに取り出すことが出来ます。

テーブルのない商談で名刺入れを置くスペースがない場合は、もらったばかりの名刺は名刺入れのこのポケットに入れておくと商談中に必要になった時でも取り出しやすくなります。

名刺入れ内側のポケット

paulsmithcardcase01ここは2つポケットが付いています。

外側のポケットにはPASMO(定期)、内側は何も入れてません。

ここのポケットはとても取り出しにくいので、「チャージ」「定期の更新」の時くらいしか取り出さないPASMOを入れています。

2.シンプルで外から見てもブランドがわかりづらい

paulsmithcardcase06外側は真っ黒でロゴの刻印も色がついていないのでぱっと見てもブランドを主張せずシンプルです。

名刺入れを開けると内側はさりげないPaul Smith(ポールスミス)らしいマルチストライプが入っているのもポイントです。

営業職の場合、スーパーブランドや露骨なブランド物はさけたいと考えていました。

3.傷つきにくい

paulsmithcardcase05言葉で説明しにくいので、画像を見てもらうのが早いです。

約3年間毎日使っています。

の割にはほとんど傷も目立ちませんし、ホツレなんかもありません。

落としたりすることもほとんどありませんでした。

特別手入れをしているわけではありません。

スーツの内ポケットに入れていて、名刺交換をする時、駅の改札を通る時に取り出して使っています。

なんだかオークションの販売ページみたいな文章になりましたが、オールドレザーという革の特徴なのか、傷つきにくい素材だと思います。

革の種類によっては開いた時の折り目にヒビが入ったり、縫い目がホツレたりする物も多いので、この点はとても気に入っています。

paulsmithcardcase04

paulsmithcardcase03

Paul Smith(ポールスミス)の名刺入れ悪い部分

使い始めて3年以上経ちますが、正直これといって不満がありません。

というか不満が無いように慎重に選んだ名刺入れなだけに愛着もありますし、使い勝手も良いので満足してます。

強いてあげるとすれば、

あまり多くの枚数は入らない

paulsmithcardcase02唯一のデメリットでしょうか。

例えば名刺交換を頻繁にする方、交流会等で一度に多数の方と名刺交換をする場面には向きません。

画像の名刺入れに入っているのは仕切りの両側の合計枚数で約20枚です。

交流会に参加する場合は100枚くらい名刺を持っていくのですが、名刺入れに30枚程、ポケットに50枚くらいを入れて、名刺入れの中が無くなりかけたらポケットから補充、という風にしています。

たくさんの名刺をそのまま入れておくと名刺入れがパンパン(約50枚超えるとゴワゴワしてきます)になってしまうので、良くも悪くもマメに名刺の整理が必要になります。

まとめ

Paul Smith(ポールスミス)オールドレザーの名刺入れは男性、女性問わずおすすめです。

これ以外にもポールスミスの名刺入れはいくつかありますが、シンプル、営業向きと考えればこの名刺入れが一番しっくりきます。

他にも1万円から2万円での名刺入れなら選択肢がたくさんありますが、迷っているならポールスミスの名刺入れで失敗はありません。

社会人として名刺入れは相手の目に触れるものです。

自分のこだわった一品が見つかるといいですね。

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*